信用取引というものがある意味は

株の取引は、現物運用のみであれば一般口座があれば十分です。ではなぜ、信用取引口座を多くの人が作っているのでしょうか。それは単純に、信用取引でしかできないことが色々とあるからです。まず、信用取引ではお金を借りてレバレッジをかけることができる点が大きいでしょう。証券会社から借金をして、それで株取引ができるというわけです。一般口座を使っている人の中には借金をしたくないという人もいます。また、証券会社の方も、借金をさせる相手は厳選したいものです。そのため、信用口座を作って分けているわけですね。

ベテランほど信用取引を使っている

株取引のベテランになればなるほど、信用取引を使う割合が高いです。これはなぜかと言えば、信用取引には多くのメリットがあるからです。一般口座では徐々に物足りなくなっていき、多くの人が信用取引口座を作るわけです。一番大きいのは、売りから入ることができる点にあるでしょうか。現物株だけでは、下降トレンドのときに儲けを出すのが難しくなります。信用取引にて売りから入れれば、上げ相場でも下げ相場でも利益を出せるので、ベテランには愛されているわけです。

デイトレードをする人にも重宝されている

信用取引は、デイトレードをする人たちにも愛されています。というのも、信用取引の中には手数料が格安のものもあるからです。会社によっては、信用取引なら手数料がゼロで済むところもあります。デイトレードをするのには、これは大変な大きな武器になります。一般口座でデイトレードをすることは難しいですが、信用口座でなら割と気楽にリスクを取らずにデイトレードができます。取引の時間等は変わりませんが、メリットは色々発生します。

信用取引は株や自己資金を担保に証券会社から資金を借りて投資をすることです。自己資金の約3倍のお金で株取引ができるので、利益を大きく増やすことも可能です。