少ない資金でも参加できるのが素晴らしい

ファンドというのは、多数の参加者を募って、その人達の資金を一つにまとめて運用していくタイプの金融商品を指します。規模は色々ですが、上場投資信託であれば、参加者の数は数万人にも上ります。資金の額は数十億円以上になるのが普通ですが、一人当たりの出資額で見ればそう驚くようなものでもありません。安い場合は、数千円もあれば大丈夫です。数千円あれば、何らかのファンドには参加することができるでしょう。個別株の場合には、これだけの資金でいい株を買うことは基本できません。

分散投資効果が高い点が魅力

しかもファンドは、集めた資金をいくつもの銘柄に振り分けて投資していきます。どの銘柄に投資をするのかは、そのファンドの種類によります。アクティブファンドなら、管理運営者の方針に従って自由に売買を進めていきます。インデックスファンドであれば、特定の指標に合致するような運用をしていきます。ファンドによっては数千もの銘柄を購入しているケースもあり、分散投資効果は非常に高いと言えるのです。個人ではとてもできないほどの分散投資効果を得ることができて最高です。

個人では買えない大型株や海外株にも投資可能

海外株は、証券会社によっては取り扱っていないこともあります。大型株は、最低購入価格が数百万円になることも珍しくありません。個人ではこうした株に投資できないわけですが、ファンドを使えば投資は可能になります。海外株を集めたファンドを買えば、海外株を買ったことになるわけですね。世界株を買えば、世界中の株に一挙に少額ずつ投資をしたことになります。もちろん大型株も含まれていますし、非常に便利です。個人では不可能な便利な買い方ができる点がメリットでしょう。

投資とファンドとは、投資をしている人達から資金を集めて1つにまとめ、その資金で投資をし得たリターンを分け合うことです。